ドラマ 俳優

ストロベリーナイトサーガ ガンテツは好評?武田鉄也対江口洋介の評価

投稿日:


Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/ainesu/baikalhostels.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 215

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/ainesu/baikalhostels.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/recommendations.php on line 264

ストロベリーナイトは以前に放送されていたテレビドラマですが、
今回キャストをガラリと変えたリメイク作
「ストリベリーナイトサーガ」が放送されました。
前作が放送されてからかなりの期間が経過してますし、
結構ストーリーは忘れていたので楽しく観れました。

旧キャストとの対比が色々言われていますが
何故か「ガンテツ」の江口さんは評判いいようですね。


youtube【公式】「ストロベリーナイト・サーガ」




忘れていたストーリー

最初にビックリしたのが、姫川班の大塚殉死ですね。
菊田と比べると印象は薄かったのですが、
まさか第一話でアッサリと殉死してしまうとは。
意外でした。

ただ大塚が殺されたことで、なんとなく犯人は
内部犯かな~とは想像出来ました。
というのも大塚は情報屋にアプローチした
結果殺されたわけですが、
もし情報屋からアシがついたなら先に情報屋を始末してもおかしくないはず。
刑事である大塚を殺すまでもありません。

なのに情報屋接触後に殺されるということは、
大塚接触を知ってから犯行に及んだんですよね。
それを知るのは警察内部に犯人グループがいるということ。
そこで怪しいと感じるのは、東大卒の新人刑事。
もしや~と思ってたら、やはりそうでした。

ただ姫川は誘導する際、犯人であることがわかってるなら
もう少し警戒すべきだったな~とは思います。
相手は自分の欲求のままに振り回されで殺人を
犯すぐらいですから、
露見した際は抵抗を見せるはず。

もちろんただの抵抗ではなく、自分を殺しに来るであろうと。
男女逆ならともなく、女性である姫川が単独で殺人犯に迫るのは油断しすぎ。
これでも敏腕刑事か?と失望しました。
結局菊田達があわやという所で駆けつけ、
姫川は無事救出されるんですけどね。

ただ直感に任せた一人よがりな捜査をする、
しかも自分の身さえ守れないヒヨワなのにと、
よくこれでここまでのし上がれたな~と不思議に感じました。

ガンテツの印象

次にビックリしたのが、俳優次第でキャラの印象がここまで変わるのかって所です。
特に印象が変わったのは、クセ者刑事勝俣健作(通称ガンテツ)ですね。
前作の俳優は武田鉄也でしたが、これはこれでハマってました。
ちょっと不潔な感じはするものの、老獪な刑事。
正攻法ではなくアウトローな攻め方も出来る、経験豊富な印象でした。
ただ何故か時折姫川にチョッカイをかけてくるので、イヤなイメージを持ってました。

しかし今回のガンテツは違いました。
今回は江口洋介がガンテツを演じており、
服装は前作と同じ茶色のコートを着て
髪はボッサボサの不潔な感じ。
常に同じコートを着用してますし。
でも所作一つ一つに品があるんですよね。

菊田にお金を渡したり、情報屋にお金を渡したりする
シーンもあるんですが、これもイヤじゃない。
迅速に捜査をする為の必要経費とでも
いわんばかりお渡し方でしたし、
裏金って感じがしなかったんですよね。

時折発する言葉も経験だけでなく、
地頭の良さから来る発言とでも申しましょうか。
役柄やセリフは前作とほぼ同じなのに、
役者が変わるだけでこんなに
イメージが変わるものかとビックリしました。
前回の武田鉄也も良かったですが、
個人的には今回の江口洋介の方が好きですね。

江口さんのキャスティングは高評価のようです。

姫川の過去

あと私が男性だからか理解しづらいんですが、
姫川の過去ですね。
昔男性から性的暴行を受けたのがトラウマになっており、

今回でもそういうシーンをちらほら見掛けました。
それだけトラウマになってるなら出世よりもまず
自衛できるだけの格闘術を身につけるべきではないかと。
もちろん普通のOLさんとかなら難しいでしょうが、

姫川の場合は刑事なんですからいくらでも武道を習うことは出来ます。
もう少しフィジカルを鍛えたほうがいいのでは?と。
今回は男性とはいえ、東大卒の男性刑事に

簡単に押さえつけられてしまいましたし、
トラウマだった出来事がまたもや姫川に襲い掛かる所でした。
今までだけでなく、これから先も凶悪犯と
対峙していくならこういう場面は必ず出て来ますから、

まずは自衛できるだけの武術を習得して欲しいですね。
そういう手立てをせずにトラウマが脳裏に浮かぶ
たびに悩む姫川は見ててイライラしますから。

とりあえず前作のスパイラル作品と思いきや、
まさかのリメイクでビックリしました。
ただ俳優が変わったことでキャラクターへの
印象も変わりましたし、この先も楽しく観れそうです。

スポンサードリンク



 

-ドラマ, 俳優
-, , ,

Copyright© Many different LOVE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.