news アイドル テレビ 女性アイドル 女性タレント

戦慄かなの(せんりつかなの)さん アイドルとして「少年院に入っていた」と売り出すのは

投稿日:

戦慄かなの アイドル としての売り出し方に疑問

戦慄 かなの(せんりつ かなの)さんというアイドルが
最近話題になっています。

音楽グループZOCfemme fataleメンバー の
戦慄 かなの(せんりつ かなの)さんの売りは

「少年院に入っていたこと」です。
星の数ほどいるアイドル業で目立つ存在になるのは

大変だということは分かります、可愛くても
パフォーマンスが出来ても、「売れる」のは

難しいと思いますが、この少年院に入っていたことを
前面に出すのはどうか?という声が上がっています。





https://www.pinterest.jp/

戦慄 かなのさん本人はアイドル業と少年院経験は
切り離したかったと言っているようですが、

本日のサンデージャポンでも、結局それを前面に
「みちょぱ」に凄んでみせたり、悪ぶってみせる

キャラになっています。

スポンサードリンク



 

戦慄かなのさんが少年院に入っていた理由

元々家庭環境が悪くて、母子家庭で母親からの
虐待とネグレクトという日々が続いていたようです。

妹さんと2人で食べ物にも困るような環境だったこと
から、てっとり早くお金を手にしたいということがあって

窃盗やJKビジネスに手を出してしまいます。

出会い系で会うことをほのめかしておいて
そこまで行くのにお金がないからとアマゾンのギフトカード

などをもらっておいて音信不通でブッチする。
これをくり返しかなりの金額を稼いだようです。

また、下着を買い込んで、同じようにおじさんに
アポイントをとって、雇った他の女子高校生に

売買させるというビジネスも始めます。

家庭環境も同情しますがやはり犯罪は犯罪です。
しかも、悪質なのと、少年院でも態度が悪く

きっちり2年間(満期)入っていたそうです。
不通はそんなにいる物ではないようです。

アイドル活動で少年院に入っていたことを使うと
いうことでネット上ではかなり厳しい声が上がっています。

やはり被害者(例えいかがわしいおじさんでも)
がいるという事は重く考えないといけないのでは

ないかと思います。

アイドル飽和時代の今はしょうがないことなのかな~
と思いますが不快感じる人がいるのも事実ですね。

戦慄かなのさんの良い活動

戦慄かなのさんは現在、大学の法学部に在籍しています。

自分の家庭環境などの経験で同じような人を
助けたいという活動をしたいようです。

育児放棄や児童虐待を助けたいという思いから

すごくかわいいので人なので
戦慄 かなのさんがアイドルとして活躍するといいですね
「少年院」というイメージも忘れるくらい活躍できれば
薄れるわけですから。

スポンサードリンク



 

-news, アイドル, テレビ, 女性アイドル, 女性タレント
-, , , , , , ,

Copyright© Many different LOVE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.