news テレビ

扇風機おばさんハン・ヘギョンさんが亡くなってしまった死因って何?

投稿日:

「扇風機おばさん」ことハン・ヘギョンさんが
57歳で亡くなっていたことが分かった。

テレビで見たときは正直「怖い」と思うほどの顔だった。
そして、これも立派な病気で「整形依存症」ということらしい。

整形前の顔はとても美人で、歌手をしていました。
もっと綺麗にならなくてはとあごに異物を混入して
しまったのが始まりのようです。




扇風機おばさんの死因は?

「扇風機おばさん」ことハン・ヘギョンさんの死亡は
知らされましたが、死因に関しては明かされていません。

整形がらみなのかどうかも分かりません。
少しずつ回復していただけに残念ですね。

ソウル市道峰区・韓一病院で最後は亡くなられたようです。

コメントとしては

「本日、ハン・ヘギョンさんの出棺が行われた」

「その他の事項はお知らせすることができない」

と言うものだった。

スポンサードリンク



整形依存症

もっともっとという整形熱がやがて依存症になり
何をしてもすぐに頭に「入れろ」「整形しろ」と聞こえて
来たらしいです。

整形費用も尽きてからは、大豆油やパラフィンなどを
ドンドン注入していく、

そして副作用を起こしてしまいました。

多くのTV出演などをしたことで世間に晒されてしまい
ましたが、そこで「かわいそう」という声が高まり
寄付金が集まって15回の異物除去手術を受けていました。

スポンサードリンク



-news, テレビ
-, , ,

Copyright© Many different LOVE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.